空いた時間で資格が取れる|保育士免許は通信講座で取得しよう

保育のプロを目指す方法

女性と子供

さまざまな学びの手段

保育士は、児童保育のスペシャリストとして社会的ニーズの非常に高い資格です。少子化によって子供の数は減っていますが、待機児童問題に象徴されるように保育施設の需要はむしろ増加しており、就職の機会も豊富です。保育士の資格を得るにはいくつかの方法がありますが、最も一般的なのは養成課程を設けている大学・短大・専修学校で学び、必要な単位を修めることです。この場合は、卒業資格を得ると自動的に保育士資格も得られます。これらの養成施設のうち、一部の大学と短大においては通信教育課程を設けています。自宅学習とスクーリング及び実習を経ることで、通常の養成課程と同様の資格が取得できます。また、これ以外にも通信教育を活用して保育士の資格を得る手段があります。それは、毎年各都道府県が実施する保育士試験に合格することです。保育士試験の受験資格は、養成課程を持たない大学や短大を卒業したり、保育系の専門学校を卒業した人などに与えられます。高校卒業後に児童福祉施設等で一定期間以上働いた経験を持つ人も受験可能です。このようなキャリアを持つ人たちは、改めて養成施設で学び直すとなると時間を作るのが大変ですし、就職時に年齢がハンデになることもあります。そのため、通信講座で必要な知識を学べば、短期間で合格を目指すことができます。通信講座なら自分のペースに合わせて学習を進められるので、仕事や家事、育児などとの両立も図れるというメリットがあります。